縮毛矯正 失敗 対策。 前髪だけの縮毛矯正 値段と失敗しない方法

縮毛矯正の失敗で髪がビビリ毛に!ホームケアでの対処法

縮毛矯正 失敗 対策

薬剤のパワーが強すぎた• 放置時間を置きすぎた• ブローやアイロンで引っ張りすぎた• もともと超ダメージ毛で縮毛矯正に耐えられない髪だった などいくつかの要因が挙げられますが、いずれにしても 「広がる部分へのダメージが大き過ぎた」ということです。 最近ではヘアカラーが当たり前になっているので、カラーリングを何度もくり返している髪へ(特に髪全体のカラーリングをよくしている場合)は、こういう失敗になることがあります。 髪は毛先にいくほどダメージしています。 髪が長くなればなるほど、毛先のダメージは大きくなります。 そしてダメージしている毛先は、薬剤に対してものすごく過敏に反応します。 そのダメージ部分に縮毛矯正剤をつける場合は、放置時間の最後にほんのちょっとだけ付けばいいんですね。 それだけで十分効果を得られます。 薬剤が過剰に効きすぎてしまった髪は、濡れた状態になると「テロンテロンのもずく状態」になります。 この状態がとっても危険です。 ちょっとの力で切れ毛になりやすい。 濡れた時はゴムみたいに伸びるし、千切れやすいので危険。 乾かす時にものすごく引っかかるし、チリチリ部分が切れやすい。 美容師だったら、なるべくこの髪には出会いたくないでしょう。 一歩踏み外すと、下へ真っ逆さま。 それぐらい絶妙なコントロールが求められます。 危険ですよね。 そんなことをする必要があるのは、世間に名を知らしめたいスタントマンのみ。 普通の人はそんな危険なことをしません。 髪にも同じことが言えて、普通はそんな危険な状態に縮毛矯正はしません。 縮毛矯正しても大丈夫な状態で施術することが大切です。 超ダメージヘアには縮毛矯正しない これが大切です。 どうして縮毛矯正したらダメなのかしっかり説明して、髪の状態が良くなるまで施術を控えるようにお伝えすることも美容師の大切な仕事です。 どんな状態でもなんでもかんでも施術をするのは、そのお客様のために逆にならないこともあります。 縮毛矯正失敗で毛先がチリチリし逆に広がる、「ビビリ毛」の対処方法 チリチリでビビリ毛になってしまった特にひどい部分をカットする 縮毛矯正が失敗して逆に広がる、チリチリになった場合の対処方法ですが、 一番いいのはそのビビリ毛部分をカットして取り除くことです。 痛んだ髪は元には戻らないので、カットしても良いなら、ダメージした部分を取り除いてしまうのがベストです。 再度縮毛矯正をするのはさらにダメージを重ねることになります。 ダメージが原因でそんな状態になっている所にもう一度施術しても、悪化することはあっても、良い状態になることはありません。 トリートメントや洗い流さないトリートメントでのケアを入念に行う でも、どうしてもカットしたくない場合もあると思います。 そういった時はトリートメントや洗い流さないトリートメントで髪のひっかかりを抑えつつ、カットしてもいい頃になるまでケアすることです。 髪が伸びてチリチリ部分をカットできるようになると、ようやくそのケアが終了です。 トリートメントや洗い流さないトリートメントは、どれだけ良いものを使っても髪が完全に修復し、その効果が持続することはありません。 シャンプーして洗い流せばその効果はなくなります。 なので、毎日ヘアケアを続けることが大切です。 広がる部分、チリチリになっている部分を毎日ストレートアイロンで伸ばします。 これもシャンプーするとその効果はなくなりますので、毎日アイロンする必要があります。 しかし毎日のアイロンにはダメージがつきものです。 最悪切れ毛になることがあるので、使用する際はそこを注意してください。 毛先部分がビビリ毛になっている場合は、毎日アイロンして万が一切れ毛になってもカットして修正しやすいですが、 中間部分などがビビリ毛になっている場合は、途中で切れ毛になると大変なことになるのでアイロンはしないようにしてください。 もう一度縮毛矯正をやり直しして修正する 毛先のチリチリ部分をやり直しする施術をしている美容室もあります。 そこで一か八か挑戦することもできます。 しかしこの対処方法は、わたしとしてはとてもおすすめできません。 その理由としては• ダメージ部分にさらにダメージを与える。 失敗したら更にチリチリになる。 最悪、切れ毛になる。 改善できたとしても、ダメージが酷い状態。 改善したとしてもそれは一瞬で、持続しないこともある。 などです。 また、こういったやり直しをする際は、「自己責任で施術を受けてください」と説明を受けるはずです。 成功の保証はありません。 失敗しても責任は負えません。 チリチリが直ったとしても、それが続くとはいえない。 髪の質感が直ることはない。 こういった状況で本当に施術をする必要があるのかどうか、疑問に思います。 そして、もう一つ。 もし縮毛矯正に再挑戦する場合は、同じ美容室でやり直ししない方が良いと思います。 くやしいと思いますが…。 ほとんどの美容室が保証期間を設けてるので、そこでやってもらいたいという気持ちはとてもよく分かります。 しかし毛先がチリチリで広がる状態の髪は、前回よりもさらに難易度が高い施術になります。 1回目より2回目の方が断然難しいのに、1回目で失敗した美容室でもう1度やり直ししても、自分が望む仕上がりになるとは思えません。 縮毛矯正の失敗を回避するための予防対策 縮毛矯正失敗で毛先がチリチリし逆に広がる「ビビリ毛」への対処方法としては、• 安い薬剤、強い薬剤を使っている。 価格が安いと人数をたくさんこなさないといけないので、流れ作業になりやすい。 多人数での接客だと、お客様の髪の状態の情報共有が難しい。 多人数での接客だと、施術の際の技術の微調整が難しい。 経験の未熟なアシスタントが施術していることもある。 などの理由からです。 施術を現役でし続けてる美容師が一番。 失敗の確率が高くなる。 信頼できる美容室や美容師を探す方法としては• 行きつけの信頼できる美容室や美容師にしてもらう• 縮毛矯正している友達や知り合いに聞いて探す• 縮毛矯正を売りにしている美容室を探す などしてみてください。 初めて行く美容室で縮毛矯正しない ベテラン美容師になってくると、大体の髪質や髪の状態から「どういった施術をすれば良いのか」分かるようになってきます。 中には予想外の髪質や髪の状態があります。 何度か来店して髪質を深く理解してもらってから施術を行うと、失敗の確率がグンと減ります。 縮毛矯正を「中止した方が良い場合は教えてください」と伝える わたしも以前そうでしたが、 「断ったりしたらダメだ」と思っている美容室や美容師さんが多くあります。 お客様からそう言っていただけると、無理して施術することがなくなります。 失敗を避けるためにはそういった一言も「とても」有効です。 関連記事です。 育毛ケアに白髪予防もできて一石三鳥です。

次の

縮毛矯正の失敗から対策と美容室の選び方

縮毛矯正 失敗 対策

Posted on カテゴリ: こんにちは。 「せっかく縮毛矯正したのに余計髪がばさばさに・・・」 「かける前より髪がちりちりになってしまった」 などなど 縮毛矯正をかけたことのある方はこんな経験したことありませんか? この記事にたどり着いたということは 1度でも経験がある方、今現在その悩みをもっている、 もしくはそうなってしまうかどうか不安という方が 多いかと思います。 せっかくきれいになる為にかけたのに どうしてこのような現象が起こるのでしょう? 今回は縮毛矯正の失敗理由や、原因、失敗しないためにはどうしたらよいか、 たっぷりとご紹介していきます! Content• 失敗の種類と原因 ビビり毛 (写真) 写真のように縮毛矯正をしたとは思えないほどちりついて見えませんか? これがびびり毛です。 びびり毛になると乾いた状態だとごわごわ、 濡れた状態だととろとろで、引っ張るとゴムのようにびよーんと伸びるのが特徴です。 これはダメージを強くうけている状態で 簡単に髪がちぎれてしまうほどです。 高難易度縮毛矯正の施術が出来るサロンでは なんと、ビビリ毛も修復が出来るんです! (ビフォアフ) くせ残り (写真) これは使う薬剤の放置時間が短かったり、 アイロンでしっかりくせを伸ばしきれなかった場合に起こりやすいです。 せっかく縮毛矯正をしても、 くせがのこったままなんて悲しいですよね。 毛先がぴんぴん (写真) 不自然にぴんぴんになっていますね。 これは使用する薬剤が強いか、 放置する時間が長いことで起こります。 さらにアイロンでくせを伸ばす際に どれだけ上手にアイロンを入れられるかが大切になってきます。 でもこれってすっごく難しいんです。 自然にしようとするあまり優しくいれるとくせが残ってしまうし 加減が本当に難しい。 これができない美容師さんだと、仕上りが不自然になってしまいます。 前髪が浮く (写真) これはアイロンの入れ方やつよさによって起こってしまいます。 ご自身で前髪をスタイリングされたことのある方ならわかるかと思いますが 入れ方を間違えると前髪って浮いてしまいませんか? 縮毛矯正でも同じで、ほかの部位と同じようにアイロンをいれると 不自然にぴんぴんになってしまったり、 根本から浮いてしまいます。 前髪は生え方なども考えて優しくいれてあげると自然な仕上がりになります。 折れた後がつく (写真) くせは伸びてもこんな跡がついてしまうとかなですり不自然ですよね。 これは完全にアイロンのいれ方による失敗です。 いれる向き、はさむ強さなどを間違えると簡単にあとがついてしまいます。 すぐとれてしまう (写真) これは使う薬剤が弱い、放置する時間が短い、アイロンのいれ方が弱い というのが理由です。 縮毛矯正を失敗してしまったら・・・ 失敗はできるだけ避けたい、 でもなってしまったら?どうすればよいでしょう。 上記のように失敗があった場合、 対処法は一応あります。 お直ししてもらう お直しは無料でやってもらえるところがほとんどです。 ただしどこのお店にも保証期間はあると思いますので 気になる場合はすぐに連絡するのがよいと思います。 ただしこれはくせが残ってしまった場合やとれてしまった場合です。 ではそれ以外の場合はどうしたらよいでしょうか? カットする 一番簡単な方法です。 ちりちりになってしまった部分をカットすることで 見た目だけでなく手触りもよくなります。 ただ、カットする範囲が広い場合はヘアスタイルが変わってしまう可能性もあります。 ビビり毛修繕 (写真) とってもリスクのあるやり方です。 場合によってはさらに髪がちりちりになってしまうかもしれないし ちぎれてしまうかもしれません。 さらにかけ直してきれいに見えても ダメージの蓄積はありますので 手触りは保証できません。 どうして失敗してしまうの? そもそもどうして失敗してしまうのでしょうか? 縮毛矯正ってカットやカラーに比べると とっても難しい技術の内の1つなんです。 過去の施術履歴によってやり方を変える必要がありますし、 薬剤に関する知識がしっかりないと正しい選定ができません。 しかも他のメニューと違ってアイロンを使用する施術なので 一歩間違えるととてつもない熱ダメージを髪に与えてしまいます。 さらに美容師によっては縮毛矯正が苦手と感じる人も少なくはないようです。 それは、 縮毛矯正の経験が少ないから。 カットやカラーの需要が多い反面、縮毛矯正の需要は少ないです。 そういったことからしっかりくせが伸びず すぐにくせが気になってしまったり 1、2ヵ月に1回と かけ直さなければならなかったりして かけ直す期間も短くなってしまいます。 実はこういう事例ってとっても多いんです。 むしろそれがおかしいということにも気づいてない方がほとんどです。 でもそれってとてももったいないことだと思いませんか? 縮毛矯正は他のメニューに比べると時間もお値段もかかります。 できるだけきれいなストレートヘアを保ちたいですよね! 失敗しないために これから縮毛矯正をかける方へ 縮毛矯正を失敗しないために 気を付けるポイントをご紹介します! ヘアケア 縮毛矯正自体とてもダメージのかかるメニューです。 普段から定期的にカラーなどをされる方は 特にダメージが大きいので失敗の原因になりやすいです。 なのでホームケア、つまりお家でのお手入れを徹底していきましょう! 使うシャンプーやトリートメント、ドライヤーの仕方など 毎日のケアでダメージは軽減できます。 美容師選び 先ほども少し触れましたが、 仕上りのスタイルは縮毛矯正をかける美容師さんによってとてつもなく変わります。 ですので、美容師選びはとっても重要です。 最後に 今回は縮毛矯正失敗の理由や対処法についてご紹介しました。

次の

縮毛矯正の失敗でチリチリになったら返金?それともやり直し?対処法解説!!

縮毛矯正 失敗 対策

縮毛矯正とストレートパーマの違いって? 縮毛矯正と似たメニューにストレートパーマがあります。 どちらも髪の毛をストレートにするという意味では同じですが、内容はもちろん値段も時間も全く異なります。 まず、 ストレートパーマとは薬剤でクセを伸ばす施術方法です。 クセ毛を直すためのメニューではなく、ストレートヘアの人がパーマをかけた後に再度ストレートヘアに戻したいとき等に施術するメニューになります。 つまり、 生まれながらに持っているクセをまっすぐに伸ばすのが目的ではなく、パーマをかけて人工的につけたクセを伸ばすのが目的とされているのです。 ただし、軽いクセ毛や広がりやすい髪の毛をまとめたいという場合には、縮毛矯正ではなくストレートパーマでもまっすぐにすることが可能です。 また、ヘアスタイルを良く変えるという人は、縮毛矯正よりもストレートパーマがおすすめです。 次に縮毛矯正についてご紹介します。 縮毛矯正とは、その人が生まれながらに持っている縮れた髪の毛やうねりの強い髪の毛を、直毛に矯正することです。 パーマ剤にプラスしてヘアアイロンで髪の毛を伸ばすことで、ほとんどのクセ毛をまっすぐにすることができます。 髪の毛の表面だけでなく髪質そのものを矯正するため、さらさらのストレートヘアに変身できます。 さらに、一度縮毛矯正をするとその部分は半永久的にまっすぐな状態を維持できることから、老若男女問わず人気を集めています。 縮毛矯正はストレートパーマに比べ高額で、カットやカラーを同時に行うと4~5時間かかることも珍しくありません。 それだけ工程の多いメニューなのです。 縮毛矯正はクセ毛やうねり等を矯正するのを目的とした施術ですので、ヘアスタイルを良く変えるという人にはおすすめできません。 縮毛矯正で失敗する原因 縮毛矯正でサラサラなストレートへアに…と思っていたら、ちょっとしたら髪がチリチリに。 行く美容院で行ってもらっているといってもそんなことが起こる場合もあります。 なぜ縮毛矯正で髪がチリチリになってしまうのかご説明します・ 美容師の技術不足 縮毛矯正で失敗する原因ひとつ目が、 「美容師の技術不足」です。 縮毛矯正は、髪質を矯正するにあたって強い薬剤を使用するため、高度な技術が必要になります。 そして、縮毛矯正の薬剤を髪の毛に浸透させるため、塗布してから時間を置くのが縮毛矯正の基本です。 しかし、適切な時間を超えて放置すると、髪の毛に薬剤が浸透しすぎてしまい、多くのダメージを髪の毛に与えてしまいます。 さらに、 縮毛矯正を受ける前の髪の毛がどんな状態なのか、どの程度傷んでいるのかを美容師が正しく把握しておらず、髪の毛に合わせた施術を行わなかったために、チリチリになってしまったというケースがあります。 その他にも アイロンの温度設定ミスや薬剤の選定ミスなど、様々な原因が考えられます。 施術前の髪の毛のダメージの多さ 縮毛矯正で失敗する原因ふたつ目は、 「施術前の髪の毛のダメージの多さ」です。 縮毛矯正は髪の毛にかなりのダメージを与える施術ですので、ブリーチを繰り返した髪の毛や傷みのひどい髪の毛には施術ができないことがあります。 まず、縮毛矯正を行う際には、担当の美容師によるカウンセリングが実施されることがほとんどです。 カウンセリングで髪の毛の状態を判断して、使用する薬剤や施術内容を決定します。 中には「髪の毛のダメージを補修してから後日縮毛矯正を行いましょう」と提案されることも珍しくありません。 しかし、 美容師のアドバイスを無視して無理やり施術を行う人がいるのが現状です。 その結果、 縮毛矯正の薬剤や温度の高いアイロンに髪の毛が耐え切れず、チリチリになって失敗してしまうという結果を招いてしまうのです。 縮毛矯正で失敗したときの直し方 縮毛矯正で失敗したときの直し方ですが、 「チリチリになった部分を切る」しか方法はないと言えます。 縮毛矯正でチリチリになってしまった部分にはダメージが蓄積されすぎてしまっています。 トリートメントは髪の毛のキューティクルを保護するためのものであって、傷んでしまったキューティクルを補修する効果は期待できません。 したがって、 美容室に行って高いトリートメントを塗布してもらったとしても効果は期待できません。 また、縮毛矯正で失敗したときの直し方のひとつとして、チリチリになった部分に再度弱い薬剤を使用して縮毛矯正をかけるという方法もあるようです。 しかし、再度縮毛矯正をかけるにはかなりのハイリスクが伴います。 髪の毛の状態によっては施術前と施術後で変化が見られない可能性もあるだけでなく、施術前に比べて髪の毛の状態が悪化してしまうことがあります。 縮毛矯正でチリチリになった部分は、リスクを負って再度縮毛矯正をかけるか、潔く切ってしまうかの二択しかないと言っても過言ではありません。 どうしても切りたくないという人は、自宅でのケアを毎日続け、髪の毛がある程度伸びるまで我慢するしかありません。 縮毛矯正で失敗しないためにも、縮毛矯正の施術に定評のある美容室を選ぶこと、日ごろから髪の毛のケアを怠らないことが大切です。 縮毛矯正で失敗したくない!対策方法2選 縮毛矯正で失敗しないための対策方法ひとつ目は、 「美容室をしっかり選ぶこと」です。 口コミを読んでなんとなく選んだり、可愛いスタイルが掲載されている美容室を選んだりしていませんか? 美容室は、目的によって選ぶことが大切です。 可愛いスタイルや口コミも大事ですが、最も見るべきところは「美容師の技術」です。 美容室によって「カラーが得意」「ブリーチに定評がある」「髪の毛に優しい薬剤を使用している」など様々な特徴があります。 そして縮毛矯正に力を入れている美容室も多くあります。 「薬剤のダメージを最小限に抑える」「クセ毛を自然なストレートにする」など内容は様々ですが、 難しい施術が得意だとアピールする=技術に定評・自信があることの表れでもあります。 美容室を選ぶときには、その美容室がどんな施術が得意なのか、どんな内容で縮毛矯正を行うのかを確認しましょう。 インターネットで予約を取る場合でも、できれば電話で髪の毛の状態を相談し、縮毛矯正ができる状態かどうかを確かめてから予約を取ることをおすすめします。 なお、美容師が得意としているメニューから美容室を絞り込むことが可能なサイトも多数あります。 是非活用してみてくださいね。 縮毛矯正で失敗しないための対策方法ふたつ目は、 「施術後は結ばない、コテを使用しないこと」です。 縮毛矯正は髪の毛をまっすぐに矯正するための施術ですので、 縮毛矯正後数日間は髪の毛を結ばないようにしましょう。 縮毛矯正が髪の毛に定着していない状態で髪の毛を結ぶと、結んだ箇所にクセが付きやすくなってしまいます。 コテも同じです。 縮毛矯正でまっすぐにした髪の毛をコテで巻くという行為は自殺行為でもあります。 そもそも矯正していますので、コテで巻こうと思ってもなかなか巻くことができないはずです。 コテが髪の毛にダメージを与えてしまいますので、コテの使用は控えるようにしましょう。 縮毛矯正での失敗は未然に防ぎましょう! 縮毛矯正を行う際には、技術に定評のある美容室を選び、カウンセリングで自分の髪の毛の状態をしっかりと見てもらうことが大切です。 美容師のアドバイスを参考にしながら、髪の毛の状態に合わせて施術をしてもらいましょう。 適切な施術を受けて、まっすぐなさらさらの髪の毛を手に入れてくださいね。

次の