サンパウロ 天気。 サンパウロの天気(気温/降水量)と気候|服装と旅行準備をCheck

サンパウロの観光スポット12選と旅行情報

サンパウロ 天気

サンパウロ天気予報データ 読み込み中..... 3 28 27. 2 25. 1 23 21. 8 21. 8 23. 3 23. 9 24. 8 25. 9 26. 7 18. 8 18. 2 16. 3 13. 8 12. 4 11. 7 12. 8 13. 9 15. 3 16. 6 17. 7 降水量(mm) 238. 7 217. 4 159. 8 75. 8 73. 6 55. 7 44. 1 38. 9 80. 5 123. 6 145. 8 200. 9 降雨日数(日) 18 16 13 9 9 6 7 7 9 11 13 16 サンパウロの年間気温20. 2度、年間最高気温24. 9度、年間最低気温15. 5度、年間降水量1454. 8ミリメートル.

次の

サンパウロの天気

サンパウロ 天気

南半球の国ブラジルの夏は11~4月、冬は5~7月だ。 北部地方のベレンやマナウスの熱帯地域は年間気温が25~35度と高く、ほとんど1年中蒸し暑い。 一方、南部のリオなどは亜熱帯地域で1・2月が最も暑く、雨も多い。 サン・パウロから南は温帯に近い亜熱帯地域。 リオに比べて年間3~5度低く、冬には霜が降りたり、ひょうが降ったりもする。 ブラジリアやパンタナールのある中部の内陸部は雨期と乾期があり、乾期には湿度数%というカラカラに乾いた日が続く。 日中の気温は高いが、朝晩はかなり冷え込む。 北は寒くて南は暑いという日本とは逆に、ブラジルは北へ行くほど暑く、南へ行くほど涼しい。 観光のベストシーズンは北部では暑さの和らぐ冬、南部は温暖な春から秋がいいだろう。 ブラジルの冬にあたる5~8月以外は、どこでも日本の夏服で充分だ。 ただし夏、冬関係なく、雨が3日続くと寒くなる。 とくに内陸地の夜や南部の冬はかなり冷える。 サン・パウロから南は温帯に近くなるので、冬に行くなら少し厚手のものを持って行こう。

次の

サンパウロ

サンパウロ 天気

サンパウロの気候と地理概要• 都市:ブラジル サンパウロ• 気候:温暖湿潤気候 Cfa• 緯度:南緯23. 経度:西経46. 62度• 高度:標高792m サンパウロの天気(気温と降水量) サンパウロの気温• 春:9月~11月• 夏:12月~2月• 秋:3月~5月• 冬:6月~8月 サンパウロは南半球に位置しているため日本とは季節が逆になります。 また、緯度は南緯23. 5度と低緯度ですが、標高が792mと高いロケーションのため、緯度の割には暑さが厳しくありません。 ブラジルと言うとアマゾンをイメージして気候は熱帯雨林と思うかもしれませんが、サンパウロの気候区分は温暖湿潤気候です。 サンパウロのロケーションはブラジルの中南部の海岸沿いに位置しています。 そのため、海流からの影響もあり、年間を通した平均気温は17度~24度と寒暖差は小さく温暖な気候です。 サンパウロの気候の特徴は、夏にあたる12月から2月には平均最高気温が29度程度までで、降雨は非常に多くなりますので、蒸し暑く感じられ体感温度は高く感じます。 特に夏期は日中と朝晩の一日の気温差が10度程度になりますので、服装には注意したほうがよいでしょう。 サンパウロの降水量 サンパウロの年間の天気のまとめ• 一年で最も気温が高い時期は12月で平均最高気温は28. 8度程度• 一年で最も気温が低い時期は7月で平均最低気温は13. サンパウロの夏は蒸し暑く、冬は比較的乾燥して過ごしやすいのが特徴• 気温の面で最も過ごしやすい時期は4月~10月の秋から春の時期• 12月から3月は雨季にあたり降水量が多く、年間降水量は1,675mm サンパウロの気温と降水量の統計データ 最高気温 平均気温 最低気温 降水量 1月 28. 5 23. 1 19. 6 290 2月 30. 0 24. 1 20. 2 236 3月 28. 2 22. 8 19. 3 198 4月 26. 7 21. 4 18. 0 88 5月 23. 1 18. 2 14. 8 88 6月 22. 7 17. 3 13. 4 52 7月 23. 0 17. 4 13. 2 54 8月 25. 0 18. 5 13. 9 44 9月 25. 9 19. 5 15. 4 92 10月 26. 9 20. 8 16. 8 116 11月 27. 0 21. 3 17. 6 131 12月 28. 8 23. 0 19. 2 230 サンパウロへの旅行前のチェックポイントと服装 サンパウロを旅行する場合、旅行に最適なベストシーズンは秋、冬、春の時期です。 夏の時期にあたる12月から2月は降雨量が非常に多くなりますので、それなりの対策が必要になります。 また、標高が高いため、夏でも雨が続くと涼しく感じられますので、服装に注意しましょう。 サンパウロの季節ははっきりとした四季があるわけではなく、むしろ雨季と乾季の2つの季節があり、その季節の変わり目に秋と春があるといったところです。 12月から2月の雨季の時期は2日に1日あるいは3日に2日くらいは雨が降りますので、雨具を用意する必要があります。 サンパウロを旅行する場合の服装 4月~11月 ブラジルは南半球に位置しているため、日本とは気候が反対になります。 3月頃から気温が下がり始めると同時に、4月頃になると降雨も少なくなり、乾季の時期に入ります。 この時期には、蒸し暑く感じる日も少なくなり、気温も落ち着いてきますので過ごしやすい日が多くなります。 この時期の服装は半袖Tシャツに薄手の長袖シャツやパーカーなどがあれば快適に過ごすことができるでしょう。 日中は暖かくなる日も多いため、脱いだり着たりしやすい装いで体温調整がしやすい服装がお勧めです。 そのため、乾季の服装は長袖シャツに長ズボンがベストでしょう。 日によっては冷え込む日がありますので、ジャケットを一着持っていくと安心です。 12月~3月(雨季) 11月下旬頃になると降雨が多くなり、同時に気温が上がり始めます。 そして、12月には気温も高くなり蒸し暑くなります。 そのため12月から3月頃までは日中は半袖シャツ一枚で快適に過ごすことが出来ます。 雨の日が続くと気温が下がり、朝晩は涼しく感じる日もありますので長袖シャツも必要になります。 夏の時期はショートパンツが快適ですが、虫刺され防止のためには長ズボンがよいでしょう。 サンパウロでも夏の時期は晴天の場合は直射日光の日差しが強くなりますので、紫外線対策や日焼け対策が必要です。 外出が多くなる場合は、帽子、サングラス、日焼け止めクリームなどの用意をして行くことをお勧めします。 ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 海外への航空券はもう手配済みですか? 下記より格安航空券の料金をご確認してみてください。

次の