ヨークシャテリア 値段。 ヨークシャーテリア専門 ブリーダーとヨーキーの子犬紹介サイト ディアヨーキー

ヨークシャテリアを飼うにはいくらかかるの?飼育費用について。

ヨークシャテリア 値段

【目次】ヨークシャー・テリアの歴史、特徴、性格、飼い方 ヨークシャー・テリアの歴史 現在では愛玩犬として広く親しまれているヨークシャー・テリア(YorkshireTerrier 学名:Canis lupus familiaris ですが、作出当時は別の目的で生み出された です。 ヨークシャー・テリアはネズミを狩るために作られた ヨークシャー・テリアは、19世紀のイギリス・ヨークシャー州のウェスト・ライディング地方で、倉庫や工場などの家屋に住むネズミを狩れるように作り出された犬種です。 命名当初は「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャー・テリア」と長い犬種名で、被毛も現在のような滑らかな直毛ではなく、ボサボサしたワイヤー・ヘアで体重も5kg以上ある固体も多かったようです。 狩猟犬から愛玩犬へ ネズミを退治するために作られたヨークシャー・テリアですが、小ささと被毛の綺麗さから、労働者階級だけでなく上流階級の人の間でも人気となり、次第に狩猟犬ではなく愛玩犬として扱われるようになりました。 この頃から、長い犬種名も短く略されることが増え、「ヨークシャー・テリア」と呼ばれるようになりました。 ヨークシャー・テリアはいつ日本へやってきたのか ヨークシャー・テリアが日本にやってきた正確な年代はわかっていませんが、第二次世界大戦以降に入ってきたと言われています。 当時のイギリスでは「動く宝石」とも呼ばれるほど、貴重な愛玩犬であったこともあり、現在のように手軽に入手できるような犬種ではなかったことが推察されます。 また、日本では1960年代から1970年代の高度経済成長期に人気に火がつき、 、 、ヨークシャー・テリアは「座敷犬御三家」と称されました。 ヨークシャー・テリアの特徴 身体的特徴 ヨークシャー・テリアは、JKC(ジャパンケネルクラブ)が公認している犬種の中で、 に続き2番目に小さい犬種です。 基本的なヨークシャー・テリアの体重は2~3kg程度ですが、近年では成犬になっても体重が1. 8kg未満である「ティーカップヨーキー」という非常に小さいものも登場してきています。 「ティーカップヨーキー」というのは正式な犬種ではなく、あくまで通称であり身体が小さい分、病気やストレスに弱い場合も多いようです。 被毛の特徴 日本国内での人気の高いヨークシャー・テリアですが、光沢のある絹糸のような非常に細い被毛を持ちながらも、シングルコートであり抜け毛が少ないなどの特徴があります。 被毛の分け目は左右対称に鼻から尻尾まで綺麗に分かれており、ヨークシャー・テリアの長い被毛が醸し出す気品を引き出すのに一躍かっています。 一時期は引きずるほど長く伸ばされているのが流行っていた被毛ですが、近年では短めにカットされていることが多いようです。 毛色は7回変化する ヨークシャー・テリアの毛色は、一生の内に7回変化するとも言われており、子犬から成犬になるまでだけでなく、成犬になってからも毛色の変化を楽しめる犬種です。 生まれた当初は黒っぽい色合いをしており、どちらかというとブラック&タンに近いです。 成長ととも色は変化し、ブラックだった毛色はシルバーのような光沢を持つようになり、赤みを帯びていたタンは徐々にゴールドのように黄褐色になっていきます。 毛色の変化具合によって、毛色には様々な種類があるように思われがちですが、日本で公認されているスタンダードカラーはダーク・スチール・ブルー&タンの1色だけです。 チョコレートカラーは非公認 近年ではチョコレートやチョコレート&タンのヨークシャー・テリアも販売されていますが、公認されたカラーではなく、本来の色合いであるダーク・スチール・ブルー&タンの色素が定着しなかったミスカラーです。 ミスカラーの犬種は内臓などに疾患を持っている場合もありますが、全てのミスカラーの犬の身体が弱いわけではなく、スタンダードカラーを健全な血統として守っていくという意味合いで公認されていません。 ヨークシャー・テリアの性格 ヨークシャー・テリアは、活発な性格で遊びが大好きなエネルギッシュな犬種です。 典型的な「テリア種」の気質を持ち、好奇心が旺盛で退屈が耐えられません。 その分、遊んでもらうことが大好きで人懐っこい性格をしており、散歩をしないとストレスを抱えてしまうかもしれません。 できるだけ毎日の散歩は欠かさないようにした方が良いでしょう。 もともとの誕生がネズミを捕るために作られた犬種であり、獲物を追いかける本能的な欲求が強く粘り強い頑固者なので、甘やかすとわがままに育ってしまうので注意が必要です。 ヨークシャー・テリアの飼い方 「テリア気質」の特徴としてよく言われるものが次の4つです。 頭の回転が速く利発• 好奇心が旺盛で忍耐力がない• 闘争心が強い• 興奮しやすい ヨークシャー・テリアを飼う際には特徴的な性格を理解し、しつけを行っていきましょう。 ヨークシャー・テリアは賢い犬種なので、甘い態度をとってしまうと人間を下に見てしまう場合があります。 また、忍耐強い性格でもあるヨークシャー・テリアは「この人にはかなわない」と思うまで何度でも立ち向かってきます。 一度や二度しつけただけではなかなか諦めてくれないので、飼い主側もしつけをする際には我慢強く取り組む必要があります。 噛み癖は子犬の頃から注意する ヨークシャー・テリアは元狩猟犬ということもあり、じゃれあう際に噛み癖が出ることが多く、噛んだ状態で首を振り回すので、手を噛まれた際には傷になってしまう場合も多いようです。 噛んだ状態で首を振り回す動作は、ねずみの息の根を止めるための本能的な行動ですので、そのままにしていると噛み癖がいつまでも残ってしまいます。 そのため、じゃれていた際に甘噛みのような感じで、噛んでくる際にはしっかりとしつけることが重要です。 まだ子犬だからと叱らずにしておくと、いつまでも噛み癖が治らないことになりかねませんので、子犬の頃からしっかりとしつけておきましょう。 被毛のお手入れについて ヨークシャー・テリアの特徴である被毛を美しく保つためには毎日の手入れが重要です。 被毛をただ伸ばすだけではなく、定期的なトリミングも行うことで、伸びた被毛が目に入ってしまうことで生じる角膜炎や結膜炎などを防ぐことも出来ます。 定期的なブラッシング シングルコートの被毛は換毛期がないため、延々と伸び続けてしまいます。 放置していると毛玉になってしまったり、ほつれてしまったりしてしまう可能性があり、皮膚疾患に繋がる恐れがあります。 シングルコートは抜け毛が少ない分、被毛に対する手入れが必要になります。 定期的にブラッシングを行いましょう。 シャンプーで洗う 伸び続けた被毛は衛生的とは言えません。 ブラッシングだけではなく、定期的な も美しい被毛を保つためには必要です。 特に長い被毛にはおしっこがかかっている場合もあり、そのままの状態にしておくと、非常に不衛生で臭いを発する場合もあります。 また、被毛が長いため、濡れていると体温が奪われてしまって風邪などを引いてしまったりする恐れがあります。 したがって、自宅でシャンプーをする際は、タオルとドライヤーを用いて十分に乾かしてあげることが重要です。 長くなったらラッピング 被毛を伸ばし続ける場合はラッピングを行い、長い被毛をひとまとめにくくる必要があります。 特に顔周辺の被毛が長くなり目に入ってしまうと危険ですので、頭部周辺はリボンなどを使ってラッピングしてあげましょう。 ヨークシャー・テリアの値段 ヨークシャー・テリアの相場は15~25万円程度です。 子犬の方が成犬よりも高い場合が多く、安ければ5万円程度で売られている場合もあります。 その反面、50万円以上する固体も存在するので、それぞれどういった理由で価格付けされているのかを、購入前に販売者から説明を受けておく必要があります。 相場からずれて大幅に安い個体などは、先天的な弱さや病気を持っている場合も多く、治療費が嵩んだり、あまり長生きできなかったりする場合もあります。 オスよりもメスの方が高額 ヨークシャー・テリアの基本として、オスよりもメスの方が高い傾向があります。 メスはオスと比べて気性も優しく飼育向きであり、子犬を産むこともできますので、需要が高いためです。 オスのヨークシャー・テリアであまりにも気性が荒い場合には、虚勢が必要となるケースもあり、元狩猟犬としての気質が表れています。 血統書付きは高額 どんな犬種でもそうですが、血統書付きの固体は価格が高くなる傾向があります。 血統書はただほかの犬種の遺伝子が混ざっていないということを証明するものではなく、犬が先祖と同じ性質を引き継ぐことが多いために、先天的な疾患のリスクや成犬となった際の毛色などを知ることができるためです。 ヨークシャー・テリアのかかりやすい病気 ほかの犬種に比べて比較的かかりやすい病気の代表例を3つご紹介します。 膝蓋骨脱臼 小型犬に多い膝蓋骨脱臼は、後ろ足のひざのお皿(膝蓋骨)が正常な位置から外れてしまった状態を意味し、歩行障害を引き起こします。 足の曲げ伸ばしをすることで正常な位置に戻ることが多い。 外科的な治療では治すことも難しくなる。 膝を曲げた状態で歩くか、歩行できなくなる場合が多い。 予防方法 膝蓋骨脱臼を予防するには、早いグレードでの発見が重要です。 普段から歩行方法に注意し、いつもと違う歩行をしている場合や膝がガクガクしているなどの症状が見られる場合には、獣医師に相談しましょう。 膝蓋骨脱臼は小型犬が先天的に持っている場合も多く、完全な治療が難しい場合もあります。 そのため、普段から体重管理に気をつけ、太らせすぎることで膝への負担を増やしてしまわないように注意が必要です。 気管虚脱 首の気管がつぶれた状態になり正常な呼吸が難しくなってしまう病気を気管虚脱といいます。 気管虚脱はチワワやポメラニアンなどの小型犬にも多く発症する病気で、ヨークシャー・テリアでも十分に注意が必要です。 呼吸困難• よだれを垂らす• 酸素欠乏によるチアノーゼ 気管虚脱では、興奮した際にガチョウのような「ガーガー」という乾いた咳をする場合が多いので、もし通常と違う咳をしている場合は獣医師の診察を受けましょう。 予防方法 気管虚脱の代表的な原因は、遺伝的要因・老化・肥満と言われています。 遺伝や老化が原因の場合、予防は難しいかもしれませんが、肥満については予防が可能です。 肥満による気管虚脱では、脂肪が気管を押しつぶしてしまうことが直接的な原因です。 日常的な健康管理をしながら定期的な健康診断を受けるなどして、肥満にならないように気をつけましょう。 門脈体循環短絡症 一般的に「門脈シャント」と呼ばれる門脈体循環短絡症は、本来肝臓で解毒されるべき体内の毒素(アンモニアなど)が、異常な血管(シャント)によって、全身に回ってしまうことで障害を引き起こす病気です。 食欲不振• 一時的な盲目• ふらつき• 昏睡 門脈体循環短絡症にかかった場合、食後に症状が悪化するケースが多くあります。 食事後の様子には特に注意が必要です。 また、アンモニアが正しく代謝されなかったことで、尿路結石や膀胱炎を併発させることもあります。 予防方法 門脈体循環短絡症の主な原因は先天的なものが多く、予防は難しいと言わざるを得ません。 そのため、早期発見と早期治療が重要となります。 定期健診を受けたり、食後の状態をチェックしたりするなど、普段から異変に気付ける体制を作っておくことが重要です。 ヨークシャー・テリアの基本データ 名称:ヨークシャー・テリア 原産国:イギリス 値段:15~25万円 毛色:ダーク・スチール・ブルー&タン 寿命:13歳から16歳ほど 体重:2. 5kgから3. 5kg 体高:22. 5cmから23. 5cm 特徴:長い被毛、小さい身体 性格:賢く勇敢、好奇心が強い、負けず嫌いなテリア気質 かかりやすい病気:膝蓋骨脱臼、気管虚脱、門脈体循環短絡症.

次の

ミックス犬「ヨーチー」とは?性格、大きさや寿命の特徴、販売場所、値段まとめ

ヨークシャテリア 値段

ヨークシャーテリアの子犬の平均値段・販売価格はいくらくらい? ブリーダーの値段 ペットショップの値段 60頭の平均価格 27万6,747円 11万9,740円 最も高い子 38万円 21万3. 840円 最も安い子 10万円 5万4,000円 ヨークシャーテリアの平均的な 値段は10~25万円程度になります。 一般的に子犬の販売価格は、人件費などがかかるペットショップの方が高くなる傾向にあります。 ですが、当サイトが調べたタイミングではペットショップの方が安いという結果になりました。 ただ、今回調査したペットショップはネット通販を行っているショップでした。 店舗販売がメインのショップとは違うので、実際に店舗販売している値段とは異なる場合があります。 参考までに、ブリーダーが販売しているヨーキー60頭の平均価格は27万6,747円で、最も高い子が38万円、最も安い子が10万円でした。 ペットショップも同様に60頭の平均価格は11万9,740円で、最も高い子が21万3,840円、最も安い子は5万4,000円でした。 【極小・ティーカップ】ヨーキーの値段相場はいくらくらい? 「極小」や「ティーカップサイズ」と付いたヨーキーは、だいたい 30万円~50万円程度で販売される子が多いです。 ただ、極小サイズやティーカップサイズのヨーキーを探していたところ、 80万円というメスの極小ヨーキーを見つけました。 ご存知の方は飛ばして頂いて結構ですが、「極小ヨークシャーテリア」や「ティーカップヨーキー」・「ポケットヨーキー」といった犬種は存在しません。 血統書を発行する場合は全て「ヨーク・シャーテリア」として発行されます。 もちろん、両親が小さければ生まれた子が成犬になっても小さいままのケースが多いです。 ただ、「成犬になっても小さいまま」という保証はありません。 また 、まともなブリーダーはこのような極端に小さい子を作出しません。 極端に小さな子は病弱で、病院に通わなければまともに生きられない子が多くなる為です。 小さいことをさも「珍しい」・「可愛い」といったように販売するブリーダーは、金儲けしか考えていない繁殖屋が多いです。 「小さい子がカワイイ」という考えを否定するつもりはありませんが、「小ささ」と「病弱さ」は比例するということを忘れないでください。 よって、「白色」や「チョコ」カラーのヨーキーはミスカラーとなります。 ただ、国内ではJKCで認められている「ダーク・スチール・ブルー」のみになります。 当サイトで調べたタイミングでは「チョコ」と「白」といったカラーの子は見つかりませんでした。 ただ、退色によって銀色になることはありますが、真っ白になることはあまり聞きません。 白いヨーキーを街中で見かけた人は、似た犬種 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア と見間違えた可能性もあります。 ヨークシャーテリアは、成長と共に毛色が何度も変化する犬種として有名です。 たとえ、子犬の時にレアカラーと呼ばれる珍しい色でも、その色のまま大きくなるとは限らないので、「レアカラー」という言葉に踊らされて、高い金額を払わないように注意しましょう。 「ミックス犬」や「ハーフ犬」は病気に強く、長生きするという紹介をされることがあります。 ですが、これは両親が健康であることが前提です。 また、子犬の時は両親の特徴をもっていますが、成長するにつれて容姿が変わります。 これはどちらの血が強く出るか分からない為です。 また、酷い子は両親とは全く違う特徴が現れたりもします。 まともなブリーダーは「ミックス犬」や「ハーフ犬」を作出しません。 ほとんどがお金目当ての繁殖屋なので、狭い敷地に様々な犬種を放し飼いにして、管理が不十分なので、両親が分からない為です。 ショップもブリーダーも販売するにあたり血統書が不要なので、どのように成長しようが関係ないんです。 本当に純血同士から生まれた「ハーフ犬」もいますが、やはりどちらに似るかは分かりませんし、「両親が犬種特融の遺伝疾患などをもっていなかったか」というのは確認したいところです。 ヨークシャーテリアの値段の差って何が違うの? ここからはヨークシャーテリアの値段の差についてまとめました。 特別ヨーキーに限った話ではありませんが、値段の差は次のような理由から生まれます。 購入先による値段の差 良いブリーダーはショーに出場する為に交配し、ショーの基準をクリアした子を育ててショーに出します。 基準から外れてしまった子をペットショップに卸したり、連絡をした飼い主希望者に販売します。 その為、ブリーダーが自分の元に残す子を「ショータイプ」、販売する子を「ペットタイプ」と言い、「ペットタイプ」の方が安いです。 「ショータイプ」は譲り受けるブリーダーにもよりますが、50万円は見ておく必要があります。 ペットショップは悪質な繁殖屋などが出荷した子を、競りを通して購入します。 店員などの人件費がかかるので、一般的には ブリーダーから迎えるよりもペットショップの方が高くなる傾向があります。 血統による値段の差 父親がショーのチャンピオン犬だったり、両親がチャンピオン犬の場合、値段が上がります。 当然、両親がチャンピオン犬の方が値段が高くなります。 ですが、チャンピオン犬同士の子でも病気などがあると安く売られます。 両親がチャンピオン犬でありながら子犬の販売価格が安い場合、購入先に理由を確認しましょう。 販売側もトラブルを避けたいので、普通は理由を説明してくれます。 性別による値段の差 ブリーダーは子犬を埋めるメスを自分の元に残したがります。 また、ヨークシャーテリアのような超小型犬は小さいほど高く売れる為、オスと比べて小さくなり易いメスの方が高くなる傾向にあります。 「チョコ」や「白」はミスカラーですが、ペットショップではレアカラーとして高く販売されるケースが目立ちます。 「白」などは色素が薄いアルビノの可能性もあります。 先天的に内蔵が弱かったりすることがあります。 ヨーキーに良くみられる退色は銀色っぽくなりますが、この場合は真っ白で黒目の部分が赤かったりします。 容姿による値段の差 ヨーキーに限らず、どの犬種でも言えますが可愛く見える子は高く売られます。 例えば毛量が少ない子は、貧相で病的にも見えてしまうので安くなります。 ヨーキーの毛は本来ストレートですが、毛がウェーブしていても可愛く見えれば高くなります。 得に最近は「ウェーブ」の子が「珍しい=他とは違う」という理由で需要が高い傾向にあります。 値段も高くなりがちですが、正しい犬種を後世に伝えるという意味でも、素人の交配は止めて下さい。

次の

ヨークシャーテリアの値段の相場と価格の違いについて

ヨークシャテリア 値段

Contents• ヨークシャーテリアの概要・歴史 日本でもヨーキーの愛称で人気のヨークシャーテリアは、19世紀中頃にイギリスのヨークシャー地方の工業地帯で、ネズミ取りとして重宝されました。 中型犬サイズだったものを、小さく改良して今の姿になったのが1900年頃。 日本に入ってきたのは戦後になってからでした。 元になった犬種は、スカイテリアやエアデールテリア、ダンディディンモントテリア、それにマルチーズ等だと言う説が多いのですが、ブラックアンドタンテリアとクライデスデール・テリアとペーズリーテリアを掛け合わせて作り出されたという説もあります。 ヨークシャーテリア(ヨーキー)の性格 ヨークシャーテリアの性格は、テリアの性質を引き継いでおり、用心深く、勇敢で利口ですが、自己主張が強く、頑固な一面もあります。 飼い主にはよく吠えてアピールするものの、内弁慶で、アウェーの環境ではストレスで体調を崩してしまったりと、繊細な部分もあります。 また、小さな体からは以外な程活発な性格でもあります。 また、ヨークシャテリアはエネルギーにあふれ、よくじゃれます。 あらゆる犬の長所を兼ね備えているとも言われるヨークシャテリアは、現在ヨーロッパや北アメリカなどでも人気が高い犬種になります。 その小さな体と人懐っこくじゃれる事から、しつけにおいては甘やかしてしまう飼い主が多い様です。 ヨークシャテリアは、その小さな体からは想像できないくらい、エネルギーが無限にあるかと思わせる程活発な犬種です。 おしゃれなアクセサリー的なイメージがありますが、ヨークシャテリアの性格や気質として、実はとても心が強く、粘り強さや強情な気質を持った性格の犬種になります。 ヨークシャーテリアの種類(色やタイプ) ヨークシャーテリアの被毛は、子犬の頃は黒っぽい毛色をしていますが、成長するにつれて、濃淡の個体差はありますが、ヨークシャーテリアという犬種の特徴でもあるスチール・ブルー&タンの毛色になります。 他にチョコ&タンのヨーキーはレアカラーとして一部で人気がありますが、スタンダードとしては認められずミスカラー扱いで、遺伝的にも弱いのではないかと言われています。 ヨークシャーテリアの値段・価格相場 ヨークシャーテリアの価格は、15万~25万円ほどで取引されることが多いようです。 月齢や性別、血統によって価格は変動します。 ヨークシャーテリアのしつけのしやすさ ヨークシャーテリアの性格として、持前の頑固さと自己主張の強さから吠えてしまうことが多く、手を焼いてしまうケースもあるようです。 過保護に甘やかすことなく、でもしっかりと愛情を注いで、ヨークシャーテリアとの確固たる信頼関係を築くことでコントロールしやすいワンちゃんになるでしょう。 ヨークシャーテリアの寿命 ヨークシャーテリアの寿命は、一般的には13~16歳くらいといわれています。 体重が1kgほどの「極小ヨーキー」は弱弱しく見えますが、実際の寿命は普通のヨーキーと変わらないそうです。 ヨークシャーテリアの飼いやすさ ヨークシャーテリアは「超小型犬」と言われるほどの大きさで、室内犬として飼いやすい犬種です。 番犬としての役目も果たしてくれる頼もしい存在ですが、吠える声が気になる場合は愛情深く甘やかさず、飼い主がコントロールしやすいように、きちんとしつけをする必要があります。 ヨークシャーテリアのブラッシングや抜け毛などの処理 ヨークシャーテリアの被毛は、テリアという名前でありながら、改良の過程でテリア特有の巻き毛から、シルキーな直毛へと変化していきました。 シングルコートなので抜け毛の量はそれほど多くはありませんが、絡まりやすい毛質なのでこまめなブラッシングが必要です。 ヨークシャーテリアの散歩 ヨークシャーテリアは活動的な犬種ですが、サイズがとても小さいため、それほど多くの運動量は必要ありません。 1回10分程度のお散歩を1日に2回ほどしてあげて、あとはお家の中で、身体だけではなく頭も使うような遊びをしてあげましょう。 ヨークシャーテリアのトリミング ヨークシャーテリアは、ショードッグのように長く美しく毛を伸ばす場合、絡まったり汚れたりを予防するために、被毛を専用のペーパーで包んで束ねる、ラッピングという手法が行われます。 一般家庭での飼育の場合は、毛玉からの皮膚炎や目の病気の予防などの点から、短くカットしたスタイルの方がよいでしょう。 色々なスタイルがありますので楽しめます。 ヨークシャーテリアの室内で飼うにあたって気になること ヨークシャーテリアは身体が小さく、骨があまり強くはないため、家具や階段等の高いところから飛び降りたりできないよう、配置などに工夫が必要です。 フローリングの床も滑らないようにしてあげたいですね。 シルキーな被毛は静電気に弱いので、乾燥しやすい季節には加湿してあげるとよいでしょう。 ヨークシャーテリアの子犬の時の大きさや体重 ヨークシャーテリアは生まれたてでは100gほどしかありません。 生後6か月ごろまでに大きく成長し、大きくなる個体はこの時点で2~3kgまで成長するのに対し、小さな個体はこの時点で2kgないくらいしかないことが多いようです。 ヨークシャーテリアの成犬の時の大きさや体重 ヨークシャーテリアの成犬のサイズは、体高15~18cm、体重は2~3kg以下です。 スタンダードでは、3. 1kg以下と定義されていますが、個体差が大きい犬種です。 ヨークシャーテリアの吠え声の大きさなど ヨークシャーテリアはとても小さい犬種ですが、甲高い声でよく吠える犬でもあります。 警戒心が強い犬種ですので、吠える対象がこちらに害を及ぼさないことをよく教えてあげる必要があります。 ヨークシャーテリアの餌について ヨークシャーテリアには食が細い子が多いといわれています。 また、骨があまり強くないことと、美しい被毛が特徴であること、を考えて、嗜好性が高く、骨や被毛によい成分が配合された総合栄養食を与えることが望ましいですね。 ヨークシャーテリアのかかりやすい病気 ヨークシャーテリアに多いといわれる病気は、小型犬に多い膝蓋骨脱臼、尿路結石、先天的な門脈シャントです。 門脈シャントは解毒作用がうまくいかず、毒素が身体に回ってしまう病気で、若いうちから発症しますので、食欲不振や嘔吐、下痢、ふらつきなどがあったらすぐに受診しましょう。 ヨークシャーテリアってどんな犬?まとめ ヨークシャーテリアは、愛らしい姿で動く宝石と呼ばれて世界中で愛されてきました。 テリア特有の頑固さや自己主張の強さはあるものの、飼い主にはとても従順でよくなつきますので、しつけはしやすい犬種です。 主従関係ははっきりと、甘やかさずに愛情を注げば、すてきなパートナー、家族となってくれるでしょう。 ヨークシャテリアと似たテリア犬種として、 オーストラリアン・シルキーテリア オーストラリアン・テリア がいます。 その他テリア系犬種としては、 アメリカンスタッフォードシャーテリア アメリカン・ピット・ブル・テリア アメリカン・トイ・テリア ボストン・テリア ソフトコーテッド・ウィストン・テリア グレン・オブ・イマール・テリア ベドリントン・テリア ロシアン・ブラック・テリア パーソナル・ラッセル・テリア ジャック・ラッセル・テリア スタンフォードシャー・ブル・テリア ブルテリア ダッチ・スモースホンド アメリカン・ヘアレス・テリア ラットテリア などテリア系犬種には、たくさんの種類の犬種がいます。 ジャックラッセルテリアやボストンテリアは日本でも人気のテリア犬種になりますね。 また、 ミニチュア・ピンシャー オーストリアン・ピンシャー アッフェンピンシャー ジャーマン・ピンシャー といったピンシャーたちもテリア犬種の仲間になりますし、 グルフォン・ブリュッセル ミニチュア・シュナウザー ダックスフンド ジャーマンダックスフンド ミニチュアダックスフンド もこれまたテリア犬種に属します。

次の