エクセルの使い方。 【Excel】引き算の仕方/やり方 数式 関数 引く記号~みんなのエクセル

Excel プルダウンの使い方!作成・編集・連動・解除 [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセルの使い方

マクロとは マクロとは、 複雑なコンピュータの操作を自動化する技術の総称であり、ほとんどのOffice製品に標準搭載されています。 中でもExcelでの利用方法としては、複数の手順を記録し、ボタン1つで実行することによって、作業の効率を上げることが可能です。 マクロとVBAの違い VBAとは、マイクロソフト社が提供しているVisual Basic for Applicationsの略称であり、Office製品でマクロを開発するためのプログラミング言語のことを言います。 複雑なエクセルの操作を自動化するための機能をマクロといい、それを実現させる言語をVBAと覚えておきましょう。 マクロ記録でできること マクロ記録はVBAのようにコードを書かなくてもボタンを押すだけで簡単にマクロが実現できるExcelの機能です。 プログラミングの知識を持っていない方でも自分の業務や作業を自動化して効率化することができます。 「マクロの記録」ボタンを押してから操作した内容がVBAのコードとして記録され、その記録した操作を自動的に再現するといった機能になっています。 ここまで「マクロ記録」のメリットをお伝えしてきましたが、操作が簡単な分できる範囲はVBAより狭くなってしまいます。 VBAでは条件分岐やループ処理ができたり、関数を作ることができる一方、マクロ記録ではオブジェクトに対する操作だけが可能です。 普段行っている作業でセルやワークシートなどのオブジェクトを操作する作業があればマクロ記録で自動化するのがおすすめです。 セルに関する繰り返し作業 セルに関する操作を記録して再現することができます。 具体的には下記のようなマウス・キーボードで行う繰り返すような作業であれば記録が可能です。 値の取得・設定• 文字のサイズ・フォント、色• セルの背景色・罫線• 表示形式の書式設定 ワークシートに関する繰り返し作業 セルだけでなくワークシートの操作も記録することができます。 具体的には下記のようなマウス・キーボードで行う繰り返すような作業であれば記録が可能です。 シートの新規作成、名前の変更• 文字の検索と置換• セルのコピーと貼り付け• 画像挿入• グラフの操作 ブックに関する繰り返し作業 ブック全体の操作も記録することができます。 具体的には下記のようなマウス・キーボードで行う繰り返すような作業であれば記録が可能です。 新規作成• 名前を付けて保存• 上書き保存• 左ナビゲーションから【標準モジュール】のフォルダーを選択します。 「標準モジュール」フォルダー内にある【Module2】をダブルクリックします。 コード上で見分ける手段としてはVBAのコードに「Sub 数字入力()」のように「Sub」で始まる文がありますがその一文に含まれている「数字入力」がマクロ記録でマクロの名前として指定した値になります。 moduleを開いて確認してみてください。 画面右側にマクロを記録したVBAがコードとして書かれています。 VBA上で実行するには「書式」メニュー下の【再生ボタン】を押下するとマクロが実行されます。 ショートカットキーで実行する方法 タグで探す• 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の

【Excel】1行おきに色を付けると大きな表でも見やすくなる!エクセルで行の背景をストライプにするテク

エクセルの使い方

お魚はいないのにゃー でも世界中で使われているということは、便利なソフトウェアなはず。 しかし、その便利さはある程度つかいこなせるようにならないと分かりません。 エクセルは奥が深いソフトウェア。 でも、 最初から色々やってみても挫折するだけ。 必要最低限のことを理解していれば、後はネットの世界が助けてくれます。 どうせ、 仕事で使う機能は職場によって限定されます。 すべて覚えるなんて時間の無駄無駄。 その場で必要になった細かい機能はネットの検索に頼ってしまえ!それで十分。 そのうち自分にとって大切な機能は自然と覚えていきますから。 そこで「 初心者はこれだけできるようになれば大丈夫」ということだけまとめました。 エクセルってなんなのにゃ? ここでは、各種機能を4つにまとめてみました。 表作成 機能• 計算・関数 機能• グラフ 機能• データベース 機能 大きく分けるとこの4つ。 とりあえず「へーっ、こんな事ができるんだー」と思って読んでください。 覚えるべき機能は、その後に説明します。 表作成機能 表を 機能的に見やすく作成できます。 印刷もできます。 ワープロソフトでも表を作成できますが、後々計算する可能性があったり、時間割や予定表のようにマス目がメインのものはエクセルを使用した方が早くきれいに作れます。 これは、エクセルに最初からついているテンプレート(ひな形)から選んだものです。 これを印刷するためだけに作るとしても、ワープロソフトで作ったら大変ですよね。 とりあえず便利そうなことは分かったにゃ エクセルで、初心者が最初に覚えて欲しい機能 では、最初はこれだけマスターしておいた方がよいと思われる機能を書いておきます。 表作成機能 表作成において、これだけは覚えておこうリスト• 元に戻す、やり直しボタン• シートとブックの違い• セルの呼び方• セル選択、列選択、行選択• セル位置の移動• 列幅、行幅の変更• 書式設定(文字の色、セルの色、罫線の引き方、セルの結合と解除)• 色や線など書式だけのクリア• 書式のコピー貼り付け• 形式を選択して貼り付け(値として貼り付け)• オートフィル機能• ウインドウ枠の固定• 列や行の非表示と再表示• 印刷設定 どうでしょうか。 多いでしょうか。 でも、自分の1か月の予定表でも作りながら練習してもらうと「覚えて欲しい」という意味が分かっていただけると思います。 それぞれの機能は単純なので、時間はあまりかからないはず。 印刷設定だけは、いろいろなやり方があるので少し大変かもしれません。 計算・関数 計算や関数を扱うときに知っておきたいリスト• 数式バーの存在• 計算式を使用するルール(「=」の使い方など)• 関数を使用するルール(関数入力手順、括弧やカンマの使い方)• オートSUMボタン• 数式の修正方法• ####の意味• 「 VALUE! 」などのエラーの意味• 相対参照と絶対参照 最初に覚えておきたい関数• SUM関数• AVERAGE関数• COUNT関数、COUNTA関数• IF関数、IFS関数• ROUND、ROUNDUP、ROUNDDOWN関数• COUNTIF、COUNTIFS、SUMIF、SUMIFS関数• VLOOKUP関数 やはり多いでしょうか。 関数は400を超える関数から、14個に絞っています。 もちろん仕事で使用する場合、これだけで済むわけがありません。 そこで大切なのが、 関数の仕組みと使い方。 それさえ身に付けば、あとは知りたい関数を検索すればステキな解説サイトがいっぱい見つかるはずですよ。 この計算式や関数を学習する時間は1日では終わらないと思います。 時間をかけて学習したいところです。 グラフ機能 グラフを作成するには元となる表が必要です。 それさえあれば、複雑なものでなければあっという間にできあがります。 グラフの挿入方法• グラフ種類の変更• タイトルの挿入• 軸ラベルの挿入• データラベルの表示• グラフのサイズ変更 最初はこれだけで十分だと思います。 仕事によっては、ずっとこれだけで良いかもしれません。 近似曲線や複合グラフを使用する機会がある人は少ないのではないでしょうか。 その時になって覚えればよいでしょう。 データベース機能 エクセルのデータベース機能はいろいろありますが・・・• 並べ替え• オートフィルター• 条件付き書式 とりあえず覚えるのは3つですね。 集計機能や統合機能やピボットテーブルなどは必要になったら覚えましょう。 初心者が手を出す必要はないと考えます。 それよりも他の機能に慣れることが先決です。 でもこの3つの機能はどこでも使用できるので早めに覚えておきましょう。 まとめ いかがでしたか? リストだけ見ると嫌になるほど多いかもしれません。 しかし、言い方を変えると パソコンが嫌いな方でもこれだけ覚えておけば何とかなると思います。 これらを学習するにはどうすればよいのでしょうか? 参考書を買ったりネットで調べてみたり。 時間があれば、をご覧ください。 検定試験に挑戦するのもよいですね。 これらの機能は各種検定試験の3級レベルで十分に間に合うと思います。 ある程度学習が終わったらこのページをもう一度ご覧ください。 リストにあるすべての機能が頭に浮かぶようであれば「エクセルの基本は大丈夫です」と言っていいレベルに達していると思いますよ。

次の

Excel(エクセル)の使い方|初心者は基本操作をどこまで覚えれば良いの?

エクセルの使い方

引き算の仕方。 できないと悩む初心者さんも、引き算の数式がわかる この記事では、エクセルで引き算の仕方について初心者さん向けに解説します。 」「引き算で使う記号はどれだっけ?」と悩みがちです。 そこで、この記事ではエクセル上での引き算の仕方【基礎編】として、「引き算の記号」「記号の入力」「引き算の計算式」を解説します。 ここまで読んで頂ければ、引き算の仕方の基礎が理解できるはずです。 更に、最後まで読んで頂ければ、【応用編】として「時間の引き算」「列どうしの引き算」「引き算するセル番地を固定する」「引き算の答えを絶対値で求める」と、引き算の応用の仕方まで、幅広く身に付けられると思います。 この記事の目次• 他のセルに入力されたデータ(数値、関数の結果)や、答えを求めたいセルに入力された引き算の式の -(マイナス記号)の前や後に直接数値を指定することで、引き算が出来ます。 ちなみに、エクセルに引き算の関数は用意されていません。 【基礎編】引き算で使う記号の入力方法 この「-」記号は 半角英数モードの状態でキーボードから以下を入力します。 sharots. com キーボードの右側にテンキーがある場合は、その右上の【-】キーで直接入力できます。 もし全角の「-」が表示されてしまった場合は[日本語モード]の状態で入力しているので、以下のどちらかの方法でやり直してください。 【基礎編】エクセルで引き算のやり方 A2セルからB2セルを引き算したい場合、答えを求めたいセルに以下の式を入力します。 エクセルの計算式は基本的には全て半角の文字を使いましょう。 理由は固定値が見えなくなり後から編集や変更などで苦労するからです。 このような場合は固定値が見えるように他のセルに入力しておいて数式からそのセルを参照する様にしてください。 ) 4. 【応用編】エクセルで時間の引き算の仕方 エクセルで、時間の引き算も可能です(足し算も可能です)。 時間は「:(コロン記号)」で区切って入力します。 12時34分56秒であれば「12:34:56」と、こんな感じです。 ) 後は、二つの該当するセルに入力し、引き算させればOKです。 【応用編】列どうしの引き算の仕方 列どうしを大量に引き算したい場合、いちいち全部のセルに個別に計算式を入力するのは大変です。 この適切なセル番地に自動変換される機能を「相対参照」といいます。 による引き算の計算例を以下に示します。 この数式を他のセルにコピーすれば、B1セルは相対的に番地が変わり、A1セルは絶対的な番地なので変わらず固定されます。 「相対参照」と「絶対参照」はエクセルを使うのにとても大切な考え方で、シートの作成や修正で理解しておかないと品質や効率に大きくかかわりますので、絶対に理解しましょう。 【応用編】引き算の答えを絶対値で求める 引き算の答えを常にプラスの値で求めるなら、を使います。 引き算の答えを常にプラスの値にする計算例を以下に示します。 【応用編】エクセルで複数の値を引き算するなら関数が便利 セルA1の値から、セルA2、A3、A4、A5、A6、A7、A8、A9、A10の値を引き算したい場合は、以下の様に指定します。 このような場合は、を使って合計すれば、引く数が大量になって入力するのが簡単で、間違いが減らせます。 【参考】赤字の場合、マイナス値を引き算する? 企業等で、2つ以上の事業や部門の利益合計を計算する場合ですが、全てが黒字であれば以下の方法で計算できます。 「マイナスしますか?」..... 違いますね、マイナスにしたらおかしな数字になりますので、注意してください。 【参考】ついでに覚えたいエクセルの四則演算 エクセルの他の四則演算については、以下の記事で詳しく解説しています。 ぜひご覧ください。 まとめ このページでは、エクセルの「引き算の仕方」について、以下の内容を解説しました。 ・列どうしを大量に引き算する場合、ひとつの式をコピペすれば適切に参照してくれる。 ・引き算の答えを常にプラスの値で求めたいならABS関数を使う• ・複数の値を引き算するならSUM関数で引く値を合計するのが便利• ・赤字の場合、マイナス値を引き算するのではなく足し算するのが正解 ご理解いただけましたでしょうか? 次は、あなたが実際にエクセル上で実際に作業してみて下さい。 自分の手を動かすことが、パソコンのスキル向上の近道です。 この記事は以上です。

次の