宮崎大学 オンラインストレージ。 ダウンロード / オンラインストレージ構築パッケージ Proself (プロセルフ) / 株式会社ノースグリッド

[B! オンラインストレージ] kazwoo215のブックマーク

宮崎大学 オンラインストレージ

オンラインストレージとは、利用者にファイルを保管するための(外部記憶装置)容量を貸し出すネットサービス。 ファイルの作成や保存を一定の容量まで受け付け、いつでもどこからでも受信や閲覧を行うことができる。 利用者登録すると専用のファイル保管が提供され、Webブラウザなどでアクセスしてファイルの送受信、保管しているファイルの一覧、やなどによる分類・整理などを行うことができる。 登録と一定容量までの利用は無料で、保存容量を増大させたい利用者に容量に応じた月額料金を課すサービスが多い。 専用のソフトウェアをOSに導入()することにより、などのファイル管理ソフトからやフォルダの一つのように表示・操作できるようにしているサービスもある。 また、コンピュータ内部の特定のフォルダやドライブなどを指定して、上のスペースと自動的に(互いに変更を反映)させることができる機能を提供している場合もある。 コンピュータのストレージ(外部記憶装置)の延長として、個人が自分のファイルの保管のために利用することを想定したサービスが多いが、複数人や組織でのファイルの共有を意図したサービスや、ネットを通じて他の人へファイルを送信することを主眼とするサービスもある。 後者は「ファイル転送サービス」「ファイル送信サービス」とも呼ばれる。 2000年代初頭から様々なサービスが存在するが、先進国で高速なインターネット回線やスマートフォンが浸透した00年代後半頃から一般に広く普及し始めた。 一時は代名詞的な存在となった「」()や企業向けに特化した「」(ボックス)などの新興の独立系サービスが有名だが、米マイクロソフト(Microsoft)社の「」(旧)、米(Google)社の「Googleドライブ」(Google Drive)、米(Apple)社の「」(アイクラウド)、米(Amazon. com)社の「Amazon Drive」(アマゾンドライブ)など既存のIT大手も参入し、それぞれ自社ソフトウェアやサービス、機器などとの連携を売りに利用者を拡大している。 さくいん この分野のランキング 1位 【主配線盤】 2位 【domain】 3位 【ウェブ】 4位 【ソーシャルネットワーキングサービス】 5位 【PPP over Ethernet】 6位 【インターネットサービスプロバイダ】 7位 【マイクロソフト・エクスチェンジ】 8位 【メガビット毎秒】 9位 【Simple Mail Transfer Protocol】 10位 【thread】 11位 【Internet Message Access Protocol】 12位 【電子商取引】 13位 【署名】 14位 【Post Office Protocol】 15位 【光回線終端装置】 (姉妹サイト) 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

オンラインストレージサービスとは?おすすめサービス4選も紹介!

宮崎大学 オンラインストレージ

Outline• オンラインストレージとは そもそもオンラインストレージとはどんなものなのでしょうか? ここでは、オンラインストレージの特徴について紹介します。 オンラインストレージとは オンラインストレージとは、インターネット上のストレージにファイルやデータを保存することができるサービスのことであり、クラウドストレージとも呼ばれます。 USBメモリーやHDD(ハードディスクドライブ)、SSD(ソリッドステートドライブ)などの機器にファイルを保存してデータを管理するのと同じように、インターネット上のストレージにファイルをアップロードすることでデータを管理することができます。 インターネット上のストレージに保存してファイルを管理するため、インターネットにつながる環境にいる限りどんなデバイスからでもそのファイルを閲覧・編集でき、また自分以外の人とも共同でそのファイルを管理することが可能です。 オンラインストレージ導入のメリット 効率的にデータ管理ができるオンラインストレージは、さまざまなビジネスシーンで活用することが可能です。 ここでは、オンラインストレージを導入する具体的なメリットをいくつか紹介します。 そのため、営業先から情報を確認したいときでも、インターネット環境さえあれば、その情報にアクセスすることが可能となります。 1つのオンラインストレージに情報を集約することができるため、効率的に情報共有をおこなえるようになり、業務の生産性を向上させることが可能となります。 オンラインストレージはデータが自動で保存される仕組みになっているため、バックアップを取る手間を省くことができます。 保存されたデータは、複数人で共有して、同時に作業をすることが可能です。 オンラインストレージ導入のデメリット オンラインストレージにはメリットがあると同時に、デメリットも存在します。 ここで紹介するデメリットを理解したうえで、オンラインストレージを利用するようにしましょう。 導入後の失敗を防ぐためには、事前に機能や操作性を十分に確認し、自社に必要な要件が満たされているのかを確認しましょう。 そのため、トラブルが発生したときに、その原因の解消が遅れてしまうと、業務に支障をきたすことになります。 こういったことを少しでも防ぐためにも、事前に運営会社のデータセンターの管理体制を確認しておきましょう。 また、誤ってデータを第三者に公開してしまう人為的なミスも考えられるため、社員のセキュリティに対する意識を高める必要があります。 無料版オンラインストレージと有料版オンラインストレージ オンラインストレージのなかには、無料で使えるものもあればお金を払って有料で使うものもあります。 ここでは、無料版と有料版のオンラインストレージの違いについて紹介します。 無料版オンラインストレージ 無料で使えるオンラインストレージは、フリーミアムで提供されているものがほとんどです。 容量に制限があったり、保存期間に制限があったりなど、少し使いづらい点もあるかもしれませんが、個人で使う分には十分である場合がほとんどでしょう。 法人で使う場合は少し物足りなく感じてしまうかもしれないので、 有料版を使うためのお試しとして使ってみる方が良いかもしれません。 有料版オンラインストレージ 無料版のオンラインストレージを利用していて、容量が足りなくなったり保存期間が短かったりと、物足りなくなった場合に多くの人や企業は有料版のオンラインストレージへ移行します。 有料版オンラインストレージのなかには、容量が無制限で使えるものやサポート体制が充実しているものなど、多種多様のものがあるので自分に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。 オンラインストレージを導入する際に抑えておきたいポイント トルテオ編集部 ここでは、無料版オンラインストレージを導入する前に抑えておきたいポイントを紹介します。 オンラインストレージサービスによって機能や特徴が異なる場合がほとんどなので、ここで紹介するポイントを切り口にして自分に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。 無料で使える容量 無料版オンラインストレージのなかには、ある程度の容量までは無料で使えて、さらに保存できる容量を増やしたい場合は料金が発生するものもあります。 そのため、あらかじめ各オンラインストレージサービスが無料で提供している保存可能容量を把握しておき、「データを保存しきれなかった」といったが起こらないようにしておきましょう。 有料版の有無 多くの無料版オンラインストレージサービスは、そのまま有料版へ移行することができますが、なかには有料版のサービスを提供していないものもあります。 「自分は無料版だけでいい」と思っていても、もしかしたら容量の追加や機能の追加をしたくなることがあるかもしれません。 そのため、さらに機能や容量を追加することができる余地が残されているのかどうかはあらかじめ把握しておくべきでしょう。 保存期間 オンラインストレージサービスのなかには、ファイルを保存することができる期間に制限があるものがあります。 せっかく保存したファイルが知らない間に消えていたというようなことが起こらないように、あらかじめファイルを保存できる期間をチェックしておきましょう。 スマホアプリ対応 オンラインストレージのなかには、スマホアプリに対応しているものもあります。 通勤電車に乗っているときや営業先へ移動するときなど、パソコンが使いづらい環境にいる場合でも、スマホアプリに対応しているオンラインストレージならスマホでファイルを管理することができます。 そのため、スマホアプリ対応のオンラインストレージの方が便利に使うことができるのではないでしょうか。 会員登録の有無 オンラインストレージのなかには、会員登録をすることなく利用できるものもあります。 手軽に手っ取り早く活用したのであれば、会員登録が必要ないものを選んでみてもいいかもしれません。 容量無制限で使える無料オンラインストレージサービス2選 ここでは、容量無制限で使える無料オンラインストレージサービスを紹介します。 ファイルの容量を気にせずに、無制限にファイルの転送・共有をしたい人におすすめします。 保存容量無制限で、1ファイル当たり2GBまでのファイルをアップロード可能なファイル転送サービス• 登録なしで利用することができ、メールで共有できない大容量のファイルでも気軽に共有することが可能• どこにしようか迷われている方は、ここの中から探してみてもいいかもしれません。 5億人以上のユーザー、30万以上のチームに使われているオンラインストレージサービス• PowerPointやPhotoshopなど、サイズが大きなファイルも容易に共有することができる• ところどころ英語説明のみの箇所があるので、英語を読める方にはおすすめです。 音楽や動画、画像、文書など形式を問わずに簡単にアップロード・共有することができるオンラインストレージサービス• テクニカルサポートが24時間営業しているため、土日や深夜にエラーが起きても対応してくれる• 説明やサポートなど、すべて日本語で対応できるため、安心して利用することができるでしょう。 「ボード」機能が搭載されており、仕事仲間や友達など特定のメンバー間でのファイル共有が簡単にできるオンラインストレージサービス• それぞれのファイルにコメントなどのメッセージを残すことができ、COREDRIVE上だけでやり取りが完結する• ましてや、法人で本格的にオンラインストレージを使いたいとなると、もっと膨大な量のファイルやデータを保存する必要があるでしょう。 さらに保存容量を増やしたい、保存期間を長くしたいといった場合は有料版のオンラインストレージに移行してみるのも良いかもしれません。

次の

ネットワンシステムズ/宮崎大に教育・研究システム用共通仮想基盤などを提供

宮崎大学 オンラインストレージ

ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:吉野 孝行、以下 ネットワンシステムズ)は、国立大学法人 宮崎大学(所在地:宮崎県宮崎市、学長:池ノ上 克、以下 宮崎大学)の学生・教職員約9,000人が利用する、教育・研究システム用の共通仮想基盤および南海トラフ地震を想定した遠隔地へのバックアップシステムを構築しました。 この環境は本年4月から稼働しています。 宮崎大学は、130台以上の仮想サーバが稼働するこの共通仮想基盤に、事前検証済み仮想基盤パッケージ「FlexPod」を採用することによって、従来利用していた仮想基盤と比較して初期投資コストと運用負荷を削減しています。 また、遠隔バックアップでは、対象データが約70TBもの大容量にもかかわらず、差分データの抽出と重複排除を併せて適用することによって容量を劇的に削減し、日々のバックアップを実現しています。 さらに、学生・教職員の利便性向上の側面では、時間と場所を選ばずに利用者間でファイルを共有できるオンラインストレージを導入しました。 これは情報セキュリティの強化を図る目的でもあり、USBメモリ等の外部媒体を極力使わないことで、紛失事故等を防ぐ手段の1つとして有効に利用しています。 また、増加するモバイル端末の利用に対応するため、最大通信速度1. 3Gbpsを実現するIEEE802. 11acに対応した無線LANアクセスポイントと、そのパフォーマンスを最適化する無線LANコントローラーを採用することで、講義棟無線LANのエリア拡大と高速化も実現しています。 セキュリティ強化、2. 情報基盤の整備、3. 情報共有、4. 組織・人材育成に取り組んでいます。 情報基盤の整備では、利便性・可用性・業務効率を改善し、災害時の事業継続性を向上するため、最新技術を活用した共通仮想基盤を整備するとともに、遠隔地へのバックアップシステムを構築することにしました。 「FlexPod」の採用によって、従来利用していた仮想基盤と比較して、初期投資コストを軽減するとともに、各社の製品を連携させて物理・仮想環境双方を一元管理可能にすることで運用管理負荷も大きく低減しています。 また、省スペース・省エネルギーも実現しています。 特に、従来はデータ容量が逼迫していたため、仮想サーバが利用するストレージ容量を管理者が細かく調整する必要があるとともに、その調整作業が複雑だったことから運用負荷が高くなっていました。 これに対して今回の仮想基盤では、重複排除機能によって効率的なストレージ利用を実現し、容量を簡単・柔軟に変更できる仕組みも整えており、運用負荷を大きく削減しています。 また、システムの可用性を高めるために、障害発生時には、物理環境と仮想環境の連携によって迅速にサービスが自動復旧するとともに、サーバメンテナンス時も停止することなくサービスが継続する仕組みを整えています。 さらに、災害時の事業継続対策として、ファイルサーバの全データ約70TBを対象に、毎日、遠隔地のデータセンターへバックアップしています。 今後、このバックアップ先のデータセンターに公式Webのサーバを設置し、災害時でも情報発信を継続できる体制を整備する予定です。 「今回の情報基盤整備では、急速に進化する情報通信技術に対応し、高等教育にふさわしい先進的な情報環境を提供することを意識していました。 さらに、災害時の事業継続性への取り組みや情報セキュリティ強化も大変重要な要素でした。 ネットワンシステムズは非常に高い技術力でこれらを実現し、さらに基盤構築は想像以上にスムーズかつ迅速でした。 今後も、学生・教職員の利便性に寄与する情報基盤の整備を続けたいと考えています。 」 <国立大学法人宮崎大学について> 宮崎大学は、1949年に農学部・学芸学部・工学部からなる大学として発足しました。 その後、2003年に旧宮崎大学と旧宮崎医科大学が統合し、新「宮崎大学」が設置されました。 2004年より国立大学は法人化され、現在では約9,000名の学生・教職員が在籍し、4学部と大学院研究科を備える大学として運営されています。 詳細は をご覧ください。 <ネットワンシステムズ株式会社について> ネットワンシステムズ株式会社は、お客様の情報インフラを最適化することで戦略的な情報活用を促進し、ご導入頂くお客様の先のお客様への貢献も見据えて支援する企業です。 そのために、常に世界の最先端技術動向を見極め、その組み合わせを検証して具現化するとともに、実際に自社内で実践することで利活用のノウハウも併せてお届けしています。 (設立:1988年2月、売上高:1,431億73百万円〔2015年3月期連結〕) 詳細は www. netone. jp をご覧ください。

次の