農協 ラッシー。 酪農家応援! 牛乳とヨーグルトで・・・無限に飲める?ラッシー爆誕! 『ラッシー作ろう!キャンペーン』開催|協同乳業株式会社のプレスリリース

酪農家応援「ラッシー作ろう!キャンペーン」開催 6月7日まで 協同乳業|ニュース|畜産|JAcom 農業協同組合新聞

農協 ラッシー

これは、だまされたと思って作ってみてください。 ほんとに簡単です。 いま、学校の給食が停止しているため、牛乳の消費量が落ち込んでいるようですから、支援のような気持ちでラッシーを作ってみるのも悪くないと思います。 牛乳:200ml• ヨーグルト:200g• 砂糖:おおさじ2 近所のスーパーで手に入らないものはありません 早速材料を買ってきます。 Sponsored Link ラッシーのレシピ比率を1-1-1と覚えると簡単 これ、1:1:1だと砂糖の量が半端ないことになってしまいますので、あえて1-1-1と書いておきますが、これ覚えれば応用がききやすいと思います。 最後の1は大さじ1です。 砂糖を大さじ1というのはだいたい9gくらいらしいのですが、大さじにすり切りで1杯で他と合わせていきます。 牛乳100mlに、ヨーグルト100g、砂糖おおさじ1杯の比率 この、1-1-1の関係がわかれば、いつでもおいしいラッシーができるというわけです。 ちなみにクックパッドの適当なレシピでは、すべて適量とか書いてあって意味がわからないラッシーレシピが上位に来ていますので、そういうのは無視しまして、1-1-1を覚えるのが簡単です。 砂糖のかわりにガムシロップを入れてもいいですが分量がわかりづらくなるので砂糖のほうがおすすめです。 ただまぜるだけです。 冷たいものを混ぜるのでなかなか混ざらないと思いますので、しっかり混ぜていきましょう。 スプーンとかよりも泡立て器のほうが効率がいいです。

次の

酪農家応援! 牛乳とヨーグルトで・・・無限に飲める?ラッシー爆誕! 『ラッシー作ろう!キャンペーン』開催:時事ドットコム

農協 ラッシー

概要 [ ] 武田食品工業が設立された1958年(昭和33年)当初から、主として とを中心に販売されていた飲料である。 果汁入り飲料にをプラスしたことから、それに引っ掛けて「プラッシー」と命名された。 後年にはオレンジのみならず、トマトやグレープなどのバリエーション展開も行われた。 母体がである武田は小売店への清涼飲料水の販売ルートを持たなかったため、流通経路を米穀店に絞り(武田はプラッシーよりも前に、ビタミン強化米の「ポリライス」を販売していて、米穀店への販売ルートを持っていた)、主食の米に不足な栄養素を補ってもらおうとビタミンCの入った飲料プラッシーや マリンカ(果汁入りの)、 フレッシュサイダーなどを販売していた。 米の小売りが主に米穀店の配達によっていた時代は、その配達のついでに重い瓶入り飲料をまとめて自宅まで届けてくれるという点が売りであった。 テレビコマーシャルなどでも「お届けします プラッシー」というコマーシャルソングが使われていた。 また、1カートンで1個グラスがついていた。 当時のプラッシーには、に似せた食感を演出するためにみかんの絞りかす(みかん)が混入されており、開栓前によく振って飲む必要があった。 競合商品の増加やびん入り飲料の衰退、自家用車の普及による米の宅配の減少などにより、販売数量も低迷したためにに生産中止となる。 しかし、復活を望む声や世間の健康志向から、(10年)にリニューアル新発売。 今度は米穀店だけに限らず、やなどでも販売を行っている。 種類は瓶・缶・ペットボトル(1. 5L)含めて、オレンジ、つぶつぶプラッシー、グレープ、サワーアップル、トマト、レモン、プラッシー50があったが、現在はニュープラッシーのみ販売。 (平成20年)には誕生50周年を記念して、果汁入り350mlの期間限定バージョンが発売された。 米穀店で販売されていたため、「米のとぎ汁が使われている」というがあった。 また、同じパルプという語感から、添加されているみかんパルプが紙パルプであると誤解されることもあった。 関連項目 [ ]• (旧:C1000タケダ):併行して販売されているビタミンC入り飲料• :『』や『』などの劇中で何度か登場している。 また『月光仮面』は、公開の映画に合わせて、に月光仮面が出演し、CMソング『Rockin' On the 月光仮面』を(の前身バンド)が担当した。 :、CMに出演。 5枚目のシングル『Si! 』の歌詞を変えたものがCMソングとして使われた。 それが縁で、がスポンサーを務める番組『』の副司会(メイン司会は)に抜擢される。 (2017年上期NHK):129話でヒロインの幼なじみが勤める米屋の娘(演・)がプラッシーがモデルの飲料OISSY(オイッシー)をふるまう場面がある。 脚注 [ ].

次の

「牛乳と…ヨーグルトを…追加で…買うのです」 JA全農、大量に飲めるラッシーの作り方を心に直接呼びかける

農協 ラッシー

協同乳業株式会社 ~フォロー&RTで農協牛乳、農協ヨーグルトをプレゼント~2020年5月21日より開始 協同乳業株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:後藤 正純)は、抽選で「農協牛乳&農協ヨーグルト」が当たるキャンペーンを開催いたします。 本キャンペーンは、Twitterの「メイトー公式アカウント」をフォローし、本キャンペーンに関する投稿をリツイートすることで、参加することが可能です。 現在、緊急事態宣言による学校給食向け牛乳のキャンセルに加え、商業施設の休業などによる業務用消費減少により牛乳乳製品の足元の需要が落ち込んでいます。 農林水産省では牛乳乳製品を製造する酪農家の皆さんを支援するため、牛乳やヨーグルトを普段より1本多く消費することを推進する「プラスワンプロジェクト」がスタートしています。 このプロジェクトに賛同し、協同乳業では、酪農生産者の想いが込められた「農協シリーズ」から「農協牛乳、農協ヨーグルト」を抽選でプレゼントするキャンペーンを実施いたします。 また、6月より農協牛乳1L、農協ヨーグルト400gに「酪農家応援!ラッシーを作ろう」シールを貼付けて牛乳乳製品購入を促し、酪農家の皆さんを応援いたします。 シールのQRコードよりラッシーのレシピ動画を公開 【農協シリーズとは】 安全・安心を約束するブランド商品「農協シリーズ」は、まじめにきちんと牛を育て、良質な生乳を生産し、お客様に喜んでいただきたいという「酪農生産者の想い」を込めたシリーズ商品です。 協同乳業 株 は、「農協牛乳」を広くお客様に知っていただくことで将来の酪農発展を支えていきます。 農協シリーズブランドサイト: 【協同乳業 株式会社とは】 協同乳業株式会社は、昭和28年12月に「食のトップランナー」として創業し、以来60年以上お客様の立場に立った商品開発と、進取の気風を持った確かな技術力で数々のロングセラー商品を生み出してきました。 昭和30年3月にはデンマークから輸入した機械で日本初の「アイスクリームバー」の生産を開始、昭和35年には日本初の当たりつきアイス「ホームランバー」を発売し、今年60周年を迎えました。 昭和31年12月には、スウェーデンからテトラパックマシンを輸入し、日本初の「テトラ牛乳」を生産開始。 平成28年3月には乳業界初交流高電界殺菌法を用いた「農協牛乳」を関東エリアで発売し、令和2年3月より東海エリアへ拡大しています。 これからも、自然の恵みを大切にし、健康で豊かな食文化の創造につとめていきます。 牛乳、アイス、デザート、乳製品の製造、販売 2.

次の